最近の投稿
最近のコメント

    デリヘル北朝鮮 生き地獄川越

    黄色い毛の雑種犬だったな」小高い山の頂辻筆謎すと、はるか下の狭い谷間に目指す小屋が見えた。谷は空気が熱いため、その小屋は唇気楼のように揺らいで見えた。「やっぱりおかしいですよ」ファット・キャットが言いながら小屋の方を指差した。Hを凝らすと二羽のコンドルが小屋の上空を円を描きながら飛んでいる。じっと見守っていると、さらに一羽のコンドルが小屋の裏手からバタバタと飛び立っていった。我々はクルマがマルティネス爺さんの小屋の入口に着くまで一言も口にしなかった。クルマに乗ったまま小屋の方に目をやると、まず柵の一部が壊されているのが目に入った。さらに、その十フィート先には、犬が一匹横たわっていた。頭を割られ、脳味噌が地面に散らばっている。ここでいう川越みたいなエンジンを切り、そのままじっと様子を窺った。あたりには、死臭が漂っていた。これだけは昔と少しも変わっていない。暴力と死の匂い。そして異様な静けさ。川越 デリヘルではあるが背筋に冷たいものが走り、鳥肌が立った。うしろにいるファット・キャットをちらりと見ると、顔から汗がしたたり落ちている。暑さのせいではない。冷や汗なのだ。すでにその手には、使い慣れた飛び道具が握られていた。私はベアトリスの方に振り向いた。「私とファット・キャットは中に入って様子を見てくるから、クルマの中で待っていてくれ」おすすめのデリヘル嬢の口焼けした顔は血の気を失っていたが、気丈に首を振った。「一緒に行かせて。ひとりで待っているのなんてイヤ」バックミラーを覗くと、そこにはファット・キャットの顔があった。万事心得たという表情で風俗嬢はかすかにうなずくと、クルマから降りて、ベァトリスのためにドアーを開けてやった。